お金を借りる際には、貸金業に対する法律があり、キャッシング会社は必ずこの法律を守らなければいけません。
まずは利息制限法がありますので法律で決められた金利を超えた利息は請求してはいけません。
これは法律が改正されるたびに利息が低くなっているのですが、最高でも元本が10万円以下の場合で20パーセントと設定されているのです。
そして罰則金利も利息制限法の決まりがあり、それ以上搾取することができません。
また総量規制というものもあります。
これは借り入れ希望者の年収の3分の1までしか貸し出しをしてはいけないというものなのです。
ただ、借り換えやおまとめローンなどの場合にはこの規制の対象外となっています。
もしもキャッシング会社が法律を違反した場合には処分があります。
大手会社でも一時的に貸出業務を停止させられるという処分を受けた事例もあるのです。
また、キャッシング会社は賃貸業の許可を得てするものなのですが、許可が取り消されてしまう可能性もあるのです。
ですのでどこの貸家もこの法律は守っているのです。
ちなみにヤミ金融は許可を得て営業をしていませんので処分されることはありません。

間違ってもこういうところからお金を借りないでください。取り返しの付かないことになる可能性があります。
ですので総量規制以上にお金の貸し出しなどもしますし、利息制限法以上の金利を求められることもあります。
もしも正規のキャッシング会社でも違反していることが判明した場合には金融監督庁などに通達をすることができます。

グレーゾーン金利について知る

キャッシング業界などでのグレーゾーン金利とは一体何なのでしょうか。

お金を借りる際にはとても重要なことですね。
キャッシング業界というのは貸金業ですので利息制限法の範囲内での金利を定めなければいけません。
しかしかつてこの利息制限法には穴があったのです。
利息制限法を越える利息で貸付をしても処分を受けないこともあったのです。
利息制限法で定められている金利と罰則を受ける金利との間には実は開きがあったのです。
この開きの金利のことをグレーゾーン金利という風に言っていたのです。
罰則にならなければいいと一部のキャッシング会社ではグレーゾーン金利での貸付をしていました。
しかしこれは後でキャッシング会社に過払い金請求をすることによって返済をしてもらうことができたのです。
しかしこれは過去のことで今ではもっとシンプルになっています。

グレーゾーン金利が撤廃されたのです。
今では利息制限法を越えるとただちに罰則となります。ですのでこれからお金を借りる場合には過払いなどは発生しないはずです。
元々利息制限法の中で貸付をしていたキャッシング会社にとってはグレーゾーン金利の撤廃は関係のないことなのですが、小さなキャッシング会社ではグレーゾーンキングが撤廃されたことによって営業ができずに廃業するとろも沢山出たのです。
しかし今残っているキャッシング会社は法律を遵守する善良な会社ばかりになっていることを考えますとこの法律の改正というのは非常にお金を借りたい消費者にとってはいいものだったのです。